小児歯科Child

  • トップページ
  • 小児歯科

大切なお子さんの歯を守りたい~小児歯科

お子さんの歯は大人の歯と違ってとても弱く、虫歯にかかりやすい歯です。お子さんが将来虫歯で苦しむことのないように、今のうちから親御さんがしっかりケアしてあげましょう。こちらでは石神井公園近くの「石塚歯科」が、お子さんの歯を守る小児歯科についてご説明します。

当院はキッズルームやおむつ交換台などをご用意して、小さなお子さんも安心して通えるように努めています。ベビーカーのままお入りいただけますので、安心してお越しください。

「乳歯」と「永久歯」は違います

「乳歯」と「永久歯」は違います

乳歯や生え替わったばかりの永久歯は、大人の永久歯に比べて表面のエナメル質が薄く、歯質が弱いという特徴があります。このため大人の歯よりも虫歯になりやすく、いったん虫歯にかかってしまうと、お口の中全体に広がってしまいます。

お子さんの年齢にもよりますが、お子さん自身の歯みがきだけで、すべての汚れを落としきることは簡単ではありません。親御さんのケアがなければ、お子さんのお口の中をきれいに保つことは難しく、、虫歯にかかりやすい口腔内環境になっています。

もしかすると親御さんの中には、乳歯が虫歯になっても、「いずれ永久歯に生え替わるから・・・」と放っておかれる方がいらっしゃるかもしれません。しかし、虫歯になった乳歯を放置しておくと、その後の永久歯への生え替わりに影響が出てしまうこともあるのです。

また、前から数えて4番目の歯は永久歯と乳歯の見分けがつきにくく、「乳歯の虫歯と思っていたら永久歯だった」というケースも少なくありません。大切なお子さんの歯を守るためにも、お子さんの歯に気になる症状があれば早めにご相談ください。

子供は虫歯の痛みを感じにくい?

子供は虫歯の痛みを感じにくい?

子供の歯は、歯質自体が弱いだけではありません。大人の歯に比べて神経も弱く、痛みを感じにくいといわれています。このため、虫歯になって痛みを感じるまでに、大人よりも時間がかかってしまうことがあるのです。

つまり、お子さんが歯の痛みを訴えるときには、虫歯がかなり進行しているおそれがあります。お子さんの仕上げみがきをするときなど、普段からお口の中をしっかり観察するようにしましょう。

お子さんを歯医者嫌いにさせないために

お子さんを歯医者嫌いにさせないために

お子さんの歯の健康を守るためには、お子さんが歯医者嫌いにさせないことが重要です。そのためにポイントとなるのがお子さんに合った歯医者選び。子供がいやがらずに通院でき、安心して治療を任せられる歯医者は、どのような基準で選んだらよいのでしょうか?

子供にとって、わけのわからないまま治療を進められることは、とても不安が募ります。子供に対しても、「今からお口の中をさわるよ」「少しだけ歯を削るよ」など、丁寧にわかりやすい言葉で説明してくれる歯医者なら安心できることでしょう。

つまり、子供が安心して通える歯医者とは、子供からの信頼を得られる歯医者です。そのためにまずは子供の話にしっかり耳を傾けてくれる歯医者であること。子供の声をきちんと聞き、子供のペースに合わせて治療を進めてくれる歯医者を選びましょう。

また親御さんにとって、お子さんが通いやすい環境の整っている歯科医院であると安心です。キッズルームやおむつ交換台の完備、バリアフリー設計など、小さなお子さん連れでも通いやすい配慮があるとうれしいですね。

好奇心旺盛な子供たちは、何にでも興味を示して、あちこちさわりがちです。院内感染防止対策が徹底されているか、お子さんの手に触れるものや場所がきれいに清掃されているか、お口にはいる器具類は滅菌・消毒されているかについても確認しておきましょう。

当院の小児歯科について

フッ素塗布を無料でおこなっています

フッ素塗布を無料でおこなっています

フッ素には歯質を強くし、歯の再石灰化を促すはたらきがあります。フッ素を歯の表面に塗布することで、虫歯にかかるリスクを減らすことが可能です。当院では中学生以下のお子さんを対象に、フッ素塗布を無料でおこなっています。

とくに生えたての歯はフッ素の吸収がよく、虫歯予防に効果的です。少しでも虫歯のリスクを減らすために、1歳半ぐらいから歯が生えるたびに塗布するようにしましょう。

歯ブラシのプレゼント!

歯ブラシのプレゼント!

がんばって歯みがき指導を受けたお子さんには、小さなお口にぴったりのかわいい歯ブラシをプレゼントしています。お家でもしっかり歯みがきをして、虫歯を予防しましょう。

消しゴムのプレゼント!

消しゴムのプレゼント!

お子さんにとって、お口をずっと開けたり、削ったりする虫歯治療は、決して楽しい時間ではありません。そんな治療をがんばったお子さんのため、ごほうびとして治療後に消しゴムをプレゼントしています。種類はなんと100種類! お好きな消しゴムをお選びください。

抜けた乳歯は乳歯ケースに入れてお渡ししています

抜けた乳歯は乳歯ケースに入れてお渡ししています

抜けてしまった乳歯や当院で抜いた乳歯については、カラフルな乳歯ケースに入れてお渡ししています。乳歯が抜けた記念に、お子さんの成長の「証」としてお持ち帰りください。

親御さんにお願いしたいこと

お子さんの診察に関して、次のような点を心がけていただけるとスムーズな歯の治療につながります。親御さんのご協力をよろしくお願いします。ご不明な点や心配な点がございましたら、お気軽におたずねください。

治療は午前中がおすすめです

治療は午前中がおすすめです

お昼を過ぎて夕方近くになるとお子さんたちは眠くなったり不機嫌になったりするケースが多くあります。治療をいやがったり、飽きたりすることが多いため、お子さんの治療は午前中をおすすめします。

お子さんの気持ちを大切にしてください

お子さんの気持ちを大切にしてください

慣れない場所や慣れない人の前では、ストレスを感じてしまいます。お子さんがいやがっているのに、親御さんの都合に合わせて無理やり連れてくることは避けましょう。できるだけお子さんの機嫌がよいタイミングに合わせて連れてくるようにしてください。

親御さんがリラックスしてください

親御さんがリラックスしてください

親御さんの不安な気持ちは、お子さんにそのまま伝わります。「きちんと座れるかな?」「泣かないかな?」など、親御さんは必要以上に心配せず、リラックスするように努めてください。親御さんがゆったりしている気持ちでいると、お子さんも安心して治療を受けられます。

しっかり褒めてあげましょう

しっかり褒めてあげましょう

歯科治療を受けることは、お子さんにとっては大きな成長につながります。きちんと治療を受けられたら、いっぱい褒めてあげてください。もし泣いてしまって治療できなかった場合も、決して怒らないでください。「次はがんばろうね」と今度の治療へつながる言葉をお願いします。

当院はお子さんの気持ちを大切にする歯科医院です

当院はお子さんの気持ちを大切にする歯科医院です

当院では、お子さんの気持ちを第一に考えた治療を目指している歯科医院です。初診では無理やり治療を進めるようなことはせずに、まずはお子さんとの信頼関係を築くことに努めます。

最初は、「お話するだけ」「診療チェアに座るだけ」「器具にさわるだけ」で終わってしまうかもしれません。歯医者さんに対する抵抗意識をなくしていただくことで、次からの治療につなげたいと考えています。

お子さんの虫歯を防ぐために

お子さんの虫歯を防ぐために

お子さんの虫歯を防ぐためには、食生活の改善が大いに役立ちます。虫歯菌のエサとなる糖分を減らすことは大切ですが、甘い物を減らしさえすれば大丈夫なのでしょうか? 虫歯のリスクを減らすには、食べる量ではなく、食べる回数を減らすことが重要です。

お口の中に糖分が常に存在する状態だと、虫歯にかかるリスクが高まります。おやつや食事のダラダラ食べは避けて、食後には歯みがきや口ゆすぎをおこなうようにしましょう。お口の中がきれいな状態が長く続けば続くほど、虫歯かかるリスクを減らすことにつながります。

また眠っているときはお口の中の唾液量が減ってしまうので、虫歯にかかるリスクが高まっています。就寝前にしっかり歯みがきして、お口の中を徹底的にきれいにしておきましょう。当院では親御さんに向けて、仕上げみがきのアドバイスもおこなっています。

ご家庭でのケアは大切ですが、残念ながらそれだけで汚れを完璧に落としきることは困難です。したがってホームケアとともに、歯科医院でおこなう定期検診やメインテナンスなどのプロケアもご活用ください。私たちといっしょに、未来をになうお子さんの歯を守っていきましょう。