セラミック・ホワイトニングEsthe

  • トップページ
  • セラミック・ホワイトニング

歯を美しく見せたい~セラミック・ホワイトニング

大きくお口を開けたとき、以前治療した銀歯が気になる方はいらっしゃいませんか? 保険診療で用いる銀歯は白い歯列の中で目立つだけでなく、健康面でもさまざまなリスクがあります。銀歯をセラミックの歯に替える事で、見た目も機能もすぐれた歯が手にはいります。

こちらでは、石神井公園近くの歯医者「石塚歯科」が、セラミック治療やホワイトニングについてご説明します。セラミック素材を用いたセラミック治療や、歯を削らずに漂白するホワイトニングによって、理想的な歯を手に入れましょう。

銀歯が気になる方へ

銀歯が気になる方へ

歯科の保険診療では、これまで当たり前のように銀歯が使用されてきました。しかし銀歯は見た目がよくないだけでなく、次のようなリスクがあることがわかっています。

  • 銀歯が唾液によって銀イオンとなって溶け出して金属アレルギーを引き起こす
  • 表面に細かな傷がつきやすく、汚れが付着しやすい。
  • 元の歯と銀歯のすきまに汚れがつきやすく、銀歯の下で虫歯が進行してしまう
  • 溶けだした銀イオンが歯茎につくと、歯茎が黒ずむことがある

銀歯をセラミックなどメタルフリー素材の歯に替えることで、白く美しい見た目を実現できるだけでなく、金属アレルギーのリスクを避けられます。このように、メタルフリーのセラミック素材によるセラミック治療は、見た目に美しく、からだへの負担もすくない治療といえるのです。

歯を白くするメリット

歯を白くするメリット

銀の詰め物や被せ物をメタルフリーの白いセラミック素材に替えるセラミック治療には、次のようなメリットがあります。

自然で美しい見た目が実現する 歯の色は「白」といっても一人ひとり異なります。セラミック素材は周囲の天然歯の色調や透明度に合わせられるので、より自然な見た目が手に入ります。
金属アレルギーのリスクがない セラミックは金属を使用しないメタルフリー素材なので、金属アレルギーのリスクがなくなります。
虫歯や歯周病のリスクを減らせる 銀歯と異なり、セラミック素材は硬くて傷つきにくい素材です。銀歯のような細かい汚れが付着しにくいので、虫歯や歯周病のなるリスクを抑えられます。
金属イオンで歯茎が黒ずまない 溶け出した金属イオンによって、歯茎が黒ずむこともありません。
経年による劣化が起こりにくい セラミックの歯は長年使用していても劣化が起こりにくく、変色がほとんど見られません。長く安心してお使いいただけます。

このようにさまざまなメリットのあるセラミック治療ですが、まったくデメリットがないというわけではありません。とくに、保険適用外のため、治療費が銀歯よりも高くなってしまう点が最大のデメリットです。

当院では、患者さんとの対話や患者さんへの丁寧な説明を大切にした審美診療をおこなっています。セラミック治療のメリット・デメリットや治療時の注意点などもしっかりお伝えいたしますので、気になる方はぜひおたずねください。

当院取り扱いのセラミックメニュー

オールセラミック
オールセラミック 特徴 素材にセラミックのみを使用した詰め物や被せ物です。
メリット
  • 透明感や白さが自然です。
  • 歯茎とのさかい目が黒くなりません
  • 金属アレルギーの心配がありません
デメリット
  • やや硬すぎるため、咬み合う歯を傷つけることがあります。
ジルコニア
ジルコニア 特徴 人工ダイヤモンドの素材にもなる「ジルコニア」でつくられた詰め物や被せ物です。
メリット
  • オールセラミックよりも審美性にすぐれています。
  • 金属並みの硬さがあります。
  • ほとんどの部位に使用できます。
  • 歯茎とのさかい目が黒くなりません。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
デメリット
  • 比較的高額になります。
メタルボンド
メタルボンド 特徴 フレーム部分は金属で、外から見える素材にセラミックを貼り付けた被せ物です。
メリット
  • 強度と耐久性にすぐれているので、ほとんどの部位に使用できます。
デメリット
  • 透明感や色調はオールセラミックより劣ります。
  • 歯の根元が黒ずんで見えることがあります。
  • 金属アレルギーの心配があります。
ラミネートベニア
ラミネートベニア 特徴 前歯の表面を薄く削り、セラミックの薄い板を歯に貼りつける治療です。
メリット
  • すきっ歯など、軽度の歯並びの乱れを短期間で整えることができます。
  • 生まれつきの変色や、小さく欠けた前歯をきれいにすることができます。
デメリット
  • 自分の歯を削る必要があります。
  • 適用できるのが前歯だけです。

歯の着色をきれいにする「ホワイトニング」

歯の着色をきれいにする「ホワイトニング」

「咬み合わせは問題ないけど、黄ばんだ歯が気になる」
「白い歯がほしい。でも、削る治療はしたくない」
・・・そんな方には「ホワイトニング」がおすすめです。

ホワイトニングとは、専用の薬剤を使うことで歯を削らずに歯を白くする処置のことです。色の濃い食べ物や飲み物によって色素沈着してしまった歯や、タバコのヤニなどで黄ばんでしまった歯を白くきれいにできます。

歯にどうして色がつくの?

歯にどうして色がつくの?

歯に色がついてしまう原因には、内部からの原因と外部からの原因があります。こちらでは代表的な例をご紹介します。

加齢による黄ばみ 年齢を重ねることで、歯の表面をおおっているエナメル質が薄くなっていきます。これにより内部の象牙質が見えやすくなり、黄ばんで見えます。
コーヒーやお茶、ワイン、チョコレート、タバコなどによる着色 コーヒーやお茶などに含まれる色素が歯の表面に沈着することで、歯に着色が生じます。いわゆる「ステイン」による着色です。
抗生物質などによる変色 胎児のときに母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素などの影響によって、歯の変色を引き起こすことがあります。
当院ではホームホワイトニングを取り扱っています

当院ではホームホワイトニングを取り扱っています

ホワイトニング治療は、歯の表面に付着した色素だけを落とすのではなく、歯そのものを安全な薬剤の力によって白くしていく処置です。ホワイトニング治療には、歯科医院でおこなう「オフィスホワイトニング」と、ご自宅でおこなう「ホームホワイトニング」があります。

当院では、ホームホワイトニングをお取り扱いしています。ホームホワイトニングとは、ご自宅でホワイトニングジェルを塗布したマウスピースを装着して白くしていく方法です。最初に歯科医院で患者さんのお口に合わせた専用のマウスピースを作製し、お持ち帰りいただきます。

ご自宅でオーダーメイドのマウスピースに薬剤を注入し、ご自分の都合に合わせて一定時間お口に装着します。患者さんのペースでおこなえるため、お忙しい方にはおすすめです。歯への刺激が弱い薬剤を使用して、じっくりゆっくり白くしていきます。

薬剤がしみやすい方の場合、2~3日休みながらホワイトニングをおこなっていただくとよいでしょう。白さを実感するまでに通常の場合2週間程度かかりますが、じっくり漂白していく分、色の後戻りが少ないのがメリットです。