「虫歯かな?」と思ったら、早めに歯医者さんに行きましょう

術前

術後

「歯がしみる……」「痛い……」という症状があったら、それは虫歯のサインかもしれません。

ごく初期の虫歯なら適切な処置を施すことで治るケースもありますが、ある程度進行した虫歯は放っておくとどんどん悪化していきます。虫歯は進行すればするほど治療が複雑になり、歯へのダメージも患者さんへの負担も大きくなるもの。歯の健康を保つには早期発見と早期治療が重要になるので、気になることがありましたら石神井公園駅近くの歯医者「石塚歯科」へご相談ください。

虫歯のなりたち

虫歯はおもに、歯をとりまく下記の3つの条件がそろうことで起こる病気です。

虫歯菌

虫歯菌

糖分

糖分

時間

時間

お口のケアが不十分だと、プラークの中に棲みつく虫歯菌の増殖につながります。 虫歯菌は糖分をエサにして「酸」を作り出すため、糖分が多いほど酸も多くなります。 糖分の摂取から30分以内は、口腔内が「歯が溶けやすい環境」になっています。

歯のまわりに付着する歯垢や歯石の中に潜む虫歯菌が、食べカスに含まれる糖分をエサにして酸をつくり出し、その酸によって歯が溶かされてしまうのが虫歯です。虫歯菌が活発に活動するのは食後30分といわれているので、それまでに歯みがきや口ゆすぎを行うことで虫歯のリスクを低下できます。

一般的に人の口腔内は中性に近い弱酸性です。お食事などをすることでお口の中が酸性に傾き、pH5.5以下になると歯が溶けやすい領域に入ります。このまま何もしなくても唾液の力によってもとの弱酸性状態に戻りますが、それまでには30分程度かかります。この間は虫歯になりやすい状態なので、その時間を短くすることが虫歯の予防につながるのです。

当院の「痛み対策」

当院の「痛み対策」

歯医者さんへの通院に際しては、「痛い治療」に関する不安をお持ちの方も多いでしょう。石神井公園駅近くの歯医者「石塚歯科」では、苦手な患者さんが多い麻酔時の痛みを軽減するために以下の工夫を行っています。

表面麻酔の使用 細い注射針の使用
歯ぐきに麻酔薬を塗ることで、注射時の鋭い痛みを感じにくくします。 注射針が細ければ細いほど、注射時の痛みを感じにくくなります。

また、患者さんが抱えている不安を解消することで「痛み」が緩和することもあります。当院では治療に関する不安を減らし、リラックスしていただくために、患者さんとの対話や患者さんへの丁寧な説明を大切にしています。そしてなぜその治療が必要なのかをしっかりお話し、患者さんに納得してもらうことが、「痛くない治療」につながるのです。

虫歯にならないために

虫歯は病気のメカニズムがはっきりわかっているため、適切な処置によって発生を未然に防ぐことができます。予防できれば、病気の痛みも治療時の痛みもありません。治療が必要になる前に歯を守る。そのために、当院の予防歯科をご活用ください。

定期検診のすすめ

定期検診のすすめ

健康な歯をいつまでも保つためには毎日の歯みがきが欠かせませんが、もうひとつ大切なのが歯科医院での定期的な検診です。ご自宅でのケアだけでは落としきれない汚れをきれいにすることで、虫歯や歯周病の予防効果は高まります。また、もしお口に何らかのトラブルがあっても、歯の専門家による口腔内チェックによって早期発見・早期治療が可能。定期検診を受診し、効果的にお口のトラブルを予防しましょう。

深い虫歯も治せます~根管治療~

放っておくと、どんどん進行する虫歯。神経にまで達してしまった重症の虫歯には、根管治療が必要です。根管治療とは、歯根の内部にある神経や血管が入っている細い管(根管)の中から虫歯菌に汚染された組織を取り除き、消毒・殺菌して薬剤を充填する治療のこと。抜歯を避け、自分の歯(歯根)を残すための高度な治療です。

根管治療の流れ

STEP1治療前の準備

歯を削って根管部分を露出させます。虫歯治療中の場合は、虫歯菌に汚染された歯質や神経、血管を取り除きます。過去の治療で詰め物や被せ物がある場合は、それを外して内部の薬剤を取り除きます。

STEP2洗浄

虫歯に侵された神経や血管を除去し、根管内部をしっかり洗浄します。内部に虫歯菌が残ってしまうと、再発の原因になります。

STEP3消毒

薬剤を使用して根管内部を消毒します。そして歯根の先まで薬剤を充填して密封します。きちんと密封できていないと、再び細菌が侵入して再発を招くことにつながります。

STEP4土台・被せ物の装着

歯の土台を立てて、その上に被せ物を装着します。

  • ページの先頭に戻る
  • メールでのお問い合わせ
  • 03-3996-2882