気づかないうちに進行してしまうのが歯周病です

歯周病は歯茎(はぐき)に軽微な炎症が起きるところから始まり、そこからどんどん歯を支える顎の骨が溶かされ、最終的には健康な歯が抜け落ちてしまう病気です。初期の段階では自覚症状がほとんどなく、虫歯のように痛みがあるわけでもないので、「気づいたときにはかなり重症化している」というケースも少なくありません。

日本の成人の5人に4人が、歯周病もしくは歯周病予備軍であることをご存知でしょうか? また、日本人が歯を失う原因の第1位は「歯周病」だといわれており、私たちにとっては決して他人事ではない、非常に身近な病気なのです。

歯がおかしいな?と思ったら

「歯茎が腫れて出血がある……」「歯がグラグラする……」「口臭が気になる……」という症状があったら、それは歯周病のサインかもしれません。

歯周病は放っておいても自然には治癒しない病気です。進行すれば治療も複雑になっていき、お口へのダメージも患者さんへの負担も大きくなります。歯の健康を保つには早期発見と早期治療が重要になるので、気になることがありましたら石神井公園駅近くの歯医者「石塚歯科」へご相談ください。

歯周病の進行状況と対策

歯周病は、進行状況に応じて「歯肉炎」と「歯周炎」に分けられ、さらに歯周炎は「軽度」「中等度」「重度」の3段階に分類されます。歯周病が進行すると歯周ポケット(歯と歯茎の溝)がどんどん深くなっていくので、その測定によって進行度合の判断が可能です。

健康な歯
健康な歯 歯茎の状態 対策
  • 歯周ポケットは0.5~2mm程度
  • 薄いピンク色
  • 引き締まっている
正しい歯みがきや歯間ブラシなどの併用により、歯垢を溜めないように習慣づけましょう。

歯肉炎
歯肉炎 歯茎の状態 対策
  • 歯周ポケットは2~4mm程度
  • 歯茎が腫れる
  • 歯茎を押すと出血がある
毎日の正しい歯みがきにより歯垢・歯石を除去しましょう。歯科医院でのスケーリングやPTMCを受けることもおすすめです。

軽度歯周炎
軽度歯周炎 歯茎の状態 対策
  • 歯周ポケットは4~5mm程度
  • 歯茎の炎症が歯を支えている骨まで進んだ状態
  • 口臭がきつくなる、膿が出る、歯が揺れ動くなどの自覚症状があります
スケーリングやルートプレーニングで、歯肉の下にある歯石を除去してもらいましょう。

中等度歯周炎
中等度歯周炎 歯茎の状態 対策
  • 歯周ポケットは5~7mm程度
  • 歯を支える骨が半分くらい溶けた状態
  • 歯茎が下がる、歯がグラつくなどの症状があり、膿が出て口臭がさらに悪化する
放っておくとどんどん進行しますので、とにかく早く歯科医院で専門的な治療を受けましょう。歯茎の切開が必要になることもあります。

重度歯周炎
重度歯周炎 歯茎の状態 対策
  • 歯周ポケットは7mm以上
  • 歯を支える骨の3分の2以上が溶けた状態です
  • 歯がかなりグラグラし、場合によっては抜け落ちることになります
放っておくと歯を失うことになります。とにかく早く歯科医院に行きましょう。骨を再生させる治療が必要になることがあります。

歯周病にならないための処置

PMTC
歯科医院で専門の器具を使って行う「本格的な歯のクリーニング」がPMTCです。毎日の歯みがきでは落としきれない歯垢や歯石を徹底的に除去します。虫歯や歯周病の予防につながるとともに、軽度な着色汚れの除去や口臭予防にも効果があります。
歯みがき指導
毎食後の歯みがきや口ゆすぎとともに、就寝前には歯ブラシだけでなく歯間ブラシやデンタルフロスを使ってしっかり歯垢を除去することが大切です。当院では、患者さん一人ひとりのお口の状態に合わせた歯の正しいケア方法をアドバイスいたします。

歯ブラシをプレゼントしています

当院では、歯みがき指導をおこなった方全員に歯ブラシをプレゼントしています。
歯科医が選んだ磨き安い歯ブラシです。

  • ページの先頭に戻る
  • メールでのお問い合わせ
  • 03-3996-2882