見た目をきれいに、そしてよく咬めるように……
矯正治療をしませんか?

歯並びの乱れを整える矯正治療は、「見た目の美しさを取り戻すこと」だけが目的ではありません。歯並びを改善することで食べ物がよく咬めるようになる、発音がクリアになるなど、本来あるべき機能を回復することもできるのです。また歯並びが乱れていると、歯みがきがしづらい(不十分になる)ことがあります。歯みがきでしっかり汚れを落とせないと、虫歯や歯周病などのお口のトラブルにかかるリスクが高まってしまいます。

石神井公園駅近くの歯医者「石塚歯科」では、見た目の改善だけでなく、将来的なお口の健康を総合的に考えた矯正治療のご提案も行っています。気になることがありましたら、一度当院にご相談ください。

歯並びが気になる

気になる歯並びの乱れには、「すきっ歯」「出っ歯」「八重歯」「受け口」などいろいろあります。歯並びが乱れた原因もさまざま。歯の数が足りない(多い)、顎に対して歯が大きい(小さい)、顎が正しく発達していないなど、原因がひとつの場合もあれば相互に関連していることもあります。そのため、治療を始める前には詳細な検査が必要です。

すきっ歯

すきっ歯

出っ歯

出っ歯

八重歯

八重歯

受け口

受け口

矯正治療は、患者さんのお口の状態や治療を始める時期によりプロセスが一人ひとり異なります。また小児矯正の場合は、治療の開始が早ければ早いほど効果的な場合もあれば、適切なタイミングが来るまでしばらく様子を観察するほうがいい場合もあります。歯並びが気になるようでしたら、治療のタイミングを外さないよう、お早めにご相談ください。

「クセ」で歯並びが変わる

歯の大きさや本数、そして歯並びはある程度遺伝するといわれています。また、生まれてからの病気や栄養摂取状態も無関係ではありません。そしてもうひとつ、歯並びの乱れにつながるとされているのが、「日常的なクセ」です。

指しゃぶり

指しゃぶり

指しゃぶりによって圧迫された歯茎の角度が変わり、上下の歯が咬み合わなくなることがあります。乳歯の奥歯が生える2歳半から3歳ぐらいになったら、指しゃぶりのクセには注意が必要です。

頬杖(ほおづえ)

頬杖(ほおづえ)

成長期に頬杖のクセがあると、顎関節やまわりの組織の成長を妨げ、咬み合わせや顎のゆがみを招くことがあります。いつも同じ方向を向いて寝るのも同様に注意が必要です。

口呼吸

口呼吸

常に口を開けている状態になると、唇・舌と歯のバランスが崩れてしまいます。そして舌が正しい位置に納まらず、歯並びが悪くなる原因となります。

舌癖(ぜつへき)

舌癖(ぜつへき)

歯並びに悪影響を与える舌のクセをまとめて「舌癖」といいます。舌をいつも前に出していたり、前歯を押したりするクセがあると、「出っ歯」「受け口」「開咬」などになりやすくなります。

食生活

食生活

いつも片側の顎で食べ物を咬んでいると、顎がズレたりゆがんだりすることがあります。また、軟らかい物ばかり食べていると顎が十分に発達せず、歯並びが悪くなってしまうことがあります。

虫歯

虫歯

クセとは異なりますが、虫歯も歯並びに影響します。乳歯の虫歯を放っておくと、後から生えてくる永久歯が正しい位置に生えることができなくなり、歯列がデコボコになってしまうことがあります。

矯正期間について

矯正治療にかかる期間は、患者さんの歯並びの状態や始める年齢、治療方法によって大きく変わってきますが、目安は次のようになります。

抜歯が必要ない治療の場合 半年~1年
一般的な治療の場合 1~2年
大きく歯を動かす場合 2~3年
治療後の保定期間 1~3年

ワイヤーが見える治療の場合は1年半程度、目立ちにくい裏側矯正装置を使った場合は2年半程度……など、治療方法によっても期間はさまざまです。矯正をお考えの方は、治療法、期間、費用などについて、先生とよく相談しましょう。そしてご自分に合った治療法を選び、さいごまで治療をやりきることが大切です。

  • ページの先頭に戻る
  • メールでのお問い合わせ
  • 03-3996-2882